植毛と薄毛に抑制効果のある食べ物

男性は男性ホルモンによって抜け毛や髪が細くなってしまう進行性の脱毛症、男性型脱毛症になりやすく年を重ねると禿髪となってしまう人もいます。
現在では治療方法もさまざまあり、その中のひとつが植毛になります。植毛は、文字通り頭皮に人工毛や自分の髪を人工的に植え付けていく方法になります。自分の髪であれば頭皮に直接髪を植え込むことによって、生涯に渡って伸び続けるため術後にさまざまなヘアスタイルを楽しめるようになります。確実に髪の毛を増やすことができる、術後は自然でメンテナンスも特に必要ないというメリットがありますが、医療行為で保険適応外のため高額で、拒絶反応が起こって化膿したり炎症を起こしたりする、医師の技術によっては仕上がりに満足いかないという場合もあります。
このような植毛を行なわずにケアしたいという場合には、抜け毛や薄毛を抑制していくケアを継続して行なっていくことが大切です。
薄毛の原因は男性ホルモンですので、それを抑制する効果のある食べ物としては、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンが効果的です。髪の毛を作るためにたんぱく質も補う必要があるため、栄養を効率良く吸収する物として納豆が良いとされています。抑制ではありませんが、髪の毛を作る効果のある食べ物としては、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類は食事で摂ったたんぱく質を亜鉛が髪の毛に変えたり、毛母細胞を活発にしてくれます。
ミカンには血管を広げて栄養を髪に届けやすくする効果と、薄毛の原因となる酵素を抑制する働きがあります。
このような食べ物を積極的に取り入れると同時に、喫煙をやめる、脂質の多い食事は避けたり、運動や睡眠をしっかり取るなどの生活も重要となります。

昔に比べ、植毛の技術も飛躍的に進歩してきている美容外科業界ですが、その中でも植毛をしてくれる最先端のロボットが日本でも導入され始めてきています。各国規制当局の厳しい審査を通過している為、安全性は高いものとなっており評判も高いようです。