世界初の植毛ロボットARTAS

ARTASは、AGAルネッサンスクリニック新宿院が、世界で始めて導入した植毛ロボットです。FDAなど各国の基準をクリアする安全性の高いロボットです。従来の自毛植毛では、ドナーとして自分の毛根を採取する時に、傷跡が残るという欠点がありました。切ることで採取するので、傷を作らないことは不可能で、短髪にしなければ目立ちません。しかしARTASは、高度なデジタル画像処理を駆使して、頭皮から生えるバラバラの毛束を分析して、切らないで採取することができます。切らない施術なのでダウンタイムを最小限に抑えられます。ドナーを採取した部分は小さなかさぶたができますが、1日~2日で修復されます。また今までは植毛を担当する医師の技術によって仕上がりが左右されました。例え腕の良い医師でも、人間の手では作業時間に限界があり、質の高い毛束を採取することに必ずしも成功しませんでした。時には誤って毛根を傷付けることもあります。ARTASは、最新テクノロジーが搭載されていて、人間が行うよりも数倍速く、そして正確に植毛に使える毛束を採取します。一方で、ARTASによる植毛は通常と比べて施術費用が高く設定されています。しかし質の良い毛束を採取できなければ、何度もドナーを確保する施術が行われます。そのたびに費用や時間を費やし、傷口も多くなります。ARTASなら一発で植毛までの準備が完了するので、場合によってはARTASの方が安く済む可能性もあります。ARTASを利用できるルネッサンスクリニックでは、事前のカウンセリングも行っています。手作業で行う施術法も対応しているので、自毛植毛を考えている場合は相談してみましょう。また抜け毛等のAGAに関してはロゲイン等の治療薬を服用するという手段がありますので自分の症状に見合った方法を見つけましょう。

昔に比べ、植毛の技術も飛躍的に進歩してきている美容外科業界ですが、その中でも植毛をしてくれる最先端のロボットが日本でも導入され始めてきています。各国規制当局の厳しい審査を通過している為、安全性は高いものとなっており評判も高いようです。